リンパマッサージとリンパドレナージュの違いは?

リンパマッサージとリンパドレナージュの違い

リンパマッサージとリンパドレナージュの違いの比較

リンパマッサージやリンパドレナージュといった言葉が雑誌やテレビなどで紹介されます。
両者は同じと思っている方も多いですが
厳密には違いがあります。
 
簡単に言ってしまうと、
リンパマッサージの一種がリンパドレナージュです。
リンパマッサージとは、リンパの流れに合わせてマッサージをする行為全般を指します。
一方、
リンパドレナージュのドレナージュとは
フランス語で排出法という意味になり
リンパの流れを滞らせている原因を取り除き、リンパが排出しようとする流れを
改善するためのテクニックです。
リンパマッサージの一環として、
リンパドレナージュという方法、施術があるといったイメージです。
 
ただし両者を比較した場合、基本的にやるべきことは一緒です。
まず、カウンセリングを実施して、お客さま
クライアントさまの不調の原因を把握します。
そしてそれに基づき、
お客様に見合ったリンパマッサージやリンパドレナージュで体内の老廃物の排出を促すのです。
 

どのような職場で仕事ができる?

リンパマッサージの就職求人情報を見てみると、
エステサロンやリラクゼーションサロンといった職場でしばしば募集が出ています。
最近では医療・介護施設といった職場でも、
リンパマッサージのできる人を募集しています。
リンパマッサージの資格を持っていて、実務経験のある人は独立開業するケースも最近では多く見られます。
就職の求人を見ると、リンパマッサージ未経験者でも応募できる求人はあります。
しかし資格を持っている方が即戦力になると判断されるので、
未経験者と比較すると採用されやすい傾向にあります。
 
リンパマッサージをする際、施術前にはまず、カウンセリングで不調の原因を見つけていきます。
カウンセリングではコミュニケーションスキルが必要で、この能力は実務経験で積み重ねていくのが上達への早道となるため
資格者・経験者の方が未経験者よりも有利なわけです。
リンパマッサージの資格は、
通学のスクールの他に、通信教育でも自分のペースで受講し資格取得へチャレンジすることができます。
しかもこの資格は、他のものと比較して、
結婚して子供の手が離れたら、
疫病が流行った際にも免疫力アップに
介護や子育てが終わってから
などとずっと活かせるのも魅力です。
 
他の資格でもいろいろな職場で活躍できる可能性がありますが、
上で紹介したように経験を積み重ねていくことで独立開業できるチャンスもあります。
 
この機会に是非
免疫力アップ
独立開業や就職転職など将来に備えた
リンパの流れをよくするリンパマッサージ
老廃物の排出を促すリンパドレナージュ
技術や資格取得を検討してみませんか?
 
今なら資料請求でお得な情報をお知らせしています。
リンパマッサージ
リンパドレナージュ
免疫力アップの
東洋医学予防医学を組み合わせた
メディカルリンパドレナージュ
メディカルリンパリンパマッサージ
メディカルリンパセラピストの
資格取得のための資料請求は
24時間無料でお取り寄せ可能です。
 
是非この機会に
将来に備えた資格取得をご検討くださいね^ - ^